体脂肪率を気にする肥満体質の人たちのイラスト

肥満って本当は怖いんですよ!肥満にも種類がありますが、一番大事なことは自分の体脂肪率や内脂肪率を知っておくことが大事です。また肥満を解消するために何をしたらいいのかを知っておくことも大事です。では、どのような肥満が危険なのかをご紹介します。

肥満解消時にフルーチェは大切なたんぱく質源

肥満とは体内に皮下脂肪が過剰に蓄積された状態をさします。体重が標準内であっても体脂肪や内臓脂肪が過剰ならば、それは肥満です。肥満の原因は、欧米型の食生活そして運動不足が考えられます。そうすると様々な病気を引き起こすこととなり健康で快適な日常生活を送ることが困難となります。代表的な病気が糖尿病と高血圧です。どちらも命に関わる病気なのでより事態は深刻となってきます。このような病気にならないためにも肥満の解消に努める必用があります。その方法として、まずは運動が挙げられます。有酸素運動が減量には最適で、30分続ければ脂肪はどんどんと燃えてきます。ジョギングよりもウォーキングやプールでの歩行が体に負担もかからず、効果的です。
そして最も重要な事、それは食生活の改善です。食べる量が多すぎても少なすぎてもいけません。バランスもよく考えるべきで炭水化物が多すぎると、エネルギーとして使いきれなかったものが脂肪として蓄積されてしまいます。料理に使う油や含まれる油も摂りすぎると肥満の原因となります。しかし、全く摂らないとなると肌が極端に乾燥するなど良くありません。
たんぱく質は体の細胞や筋肉作りに非常に重要な役割を担います。たんぱく質が不足すると筋肉が作れないので、脂肪燃焼が出来ません。しかし、ダイエットをする場合不足しがちなのもたんぱく質なのです。不足を防ぐ方法としてはおやつとして牛乳やチーズ等のたんぱく質をとりいれる事です。手軽でたんぱく質補給が可能なものとしてフルーチェがまず考えられます。フルーチェは混ぜるだけで完成し、牛乳をたっぷりと使いますので肥満解消時のおやつとしてうってつけです。また、フルーチェは甘くて美味しいのでデザートとして食べても良いでしょう。
減量はストイックになりすぎず、楽しみながらやることで生涯続けていけるのです。